未分類

面接の時によくある逆質問に対する対応について

面接の定番質問として、求職者が会社に対しての質問はないか聞いてくるというものがあります。何か質問はありますかと逆に問われてしまうと、どのように回答をしたらよいのか迷うこともあるでしょう。面接では、質問はないか聞かれることはよくありますので、逆質問があったらどう答えるかを用意しておく必要があるでしょう。質問を用意する時に大事なことは、先方が何を期待してその質問をしたのかです。逆質問は自由になんでもすれば良いというわけはなく、面接担当者はどのようなことを知りたいのかを考えることが大切です。そちらからの質問はありませんかと聞かれた時は、会社側からの質問は一通り終わっていることが多いようです。会社についてわからないことや、面接時に気になったことなど、質問の内容に特に制約はありません。確認したいことがない場合でも、質問はありませんという回答で終わるのは、せっかくの機会を台無しにしてしまいます。会社が手がけている事業について、深く掘り下げた質問ができれば、その点について関心を持っていることを示すことになります。会社側の説明に含まれていなかったないように基づいた質問をすることで、積極的に会社について知ろうとしていることがわかります。自由に質問できるチャンスであり、さらに良い印象を与えることのできる逆質問の期間をみすみす逃す手はありません。会社にどんな質問をするかで、採用担当者の印象を大きく変えることも可能ですので、機会を活かしていきましょう。シロアリ駆除業者